こたろう博物学研究所長・こたろうの近況報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
彼岸花咲き始める(20160911)
伊予市をバイクで走りよる。
田の畦には彼岸花が咲き始めとらい。
秋来たる。
2016/09/11(日) 09:42:43| こたろうの視点| トラックバック(-) コメント(-)
蔓(かずら)
買い物に行く途中、近所の土手の上に蔓の花を見つけた。
秋の到来やな。
2016/09/10(土) 13:17:02| こたろうの視点| トラックバック(-) コメント(-)
えひめいやしの南予博とは言いますが
2016/8/15
えひめいやしの南予博とは言いますが、南予の山間部は、盆の帰省客が多い時期なれども、閑散としとらい。
南へ下る車の数はほどほど多かったんやけどな。物産・グルメ・イベント企画のほうばかりに人が流れとるんじゃろね。
本来は癒しの風景を体感していただきたいもんじゃが…。

写真は西予市城川町のごまじり茶堂。
2016/08/15(月) 18:57:06| 探訪録| トラックバック(-) コメント(-)
1知恵1円

解説不要やね。
2016/08/14(日) 09:30:49| セレンディピティ| トラックバック(-) コメント(-)
芙蓉咲く(20160810)
夏はやっぱり葵系の花やな。
青空をバックにすると、その清々しさが一層際立つよな。
2016/08/10(水) 21:33:18| こたろうの視点| トラックバック(-) コメント(-)
誰がために咲く(20160718)
誰がために咲く(20160718)

亜米利加凌霄花を見に行った帰りがけに、五色浜海浜公園に寄り道した。
砂浜では高校生によるビーチバレー大会が行われていて、大変賑わっていた。
その近くの浜辺は、花畑さながらに、色々な花が咲き乱れていた。

名前も知らぬ花。

近傍の賑わいを他所に、飄々と咲いている。
誰に見せるわけでもなく。誰に見られるわけでもなく。

気負わず、ただ飄々と行く。
そんな生き方も悪くない。
2016/07/18(月) 19:57:29| こたろうの視点| トラックバック(-) コメント(-)
夏の花~アメリカノウゼンカズラ(20160718)
夏の花~アメリカノウゼンカズラ(20160718)
三津浜でカイコウズを見て、ふと「そういや、伊予市にも夏らしい花が咲いてたよな・・・」と以前に探訪したときの記憶が甦り、カブに乗って花を見にいってみた。
亜米利加凌霄花(アメリカノウゼンカズラ)。
ほんと、夏っぽくって好きやな。この花。
2016/07/18(月) 19:50:04| こたろうの視点| トラックバック(-) コメント(-)
夏の花(20160716)
夏の花(20160716)
三津浜にて。
海紅豆(カイコウズ)という名前で覚えていたのだが、一般的には亜米利加梯梧(アメリカデイゴ)と呼ばれるみたいやね。
夏っぽい赤い花。
デイゴを見るならば沖縄に行かねば・・・と考えるのは性急。
松山近郊だって、南方系の花を楽しむことはできるのだ。
2016/07/18(月) 19:45:52| こたろうの視点| トラックバック(-) コメント(-)
ヤブカンゾウ(20160717)
ヤブカンゾウ(20160717)
ヒメガマと同じく、松前町のとあるビオトープに咲いていた。
今日までこの花の名前をまったく知らなかった。
歩けば自ずと知恵がつくもんではあらいな。
2016/07/18(月) 19:41:28| こたろうの視点| トラックバック(-) コメント(-)
ヒメガマ(20160717)
ヒメガマ(20160717)
松前町の、とあるビオトープ。
ガマの穂って意外とこの辺りの川でも見かけるんやけどね。
ガマの穂を見ると、因幡の白兎を思い浮かべるのはワシだけやろか。
2016/07/18(月) 19:39:11| こたろうの視点| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。